ガーデンニング霊園とは?樹木葬とどう違うの?

近頃では人々のお墓に対する意識が変わり、墓地や霊園を歩けば様々な形式のお墓に出会えます。特に樹木葬やガーデニング霊園など、緑や花に囲まれて眠る埋葬方法には近年注目が集まっています。「樹木葬」は、古くは自然の野山に遺骨を埋葬した上に植樹する方法で、今では墓地や霊園の一角に墓標となる樹木を植えその周囲に納骨します。骨壺毎個別の埋葬であっても最終的に合祀となるケースが多く見受けられます。

一方、樹木葬と混同されやすい「ガーデニング霊園」は、従来の墓石型で個別の埋葬方式となるため合祀されることはありません。一般的な墓地と異なるのは、墓石周辺はもちろん、墓地や霊園全体に様々な花や木々を植え、植生の合間には、大理石やレンガ等を使用した小径や白い東屋などを配して「庭園」のようにデザインされている点になります。

ガーデンニング霊園のメリット、デメリットは?

ガーデニング霊園のメリットの中でも最も特徴的なのは、お墓全体を取り巻く色とりどりの花々や多種多様の植物です。きちんと管理され季節ごとに咲き誇るため、公園や庭園を散策するような明るく開放的なイメージでお墓参りをすることができます。また、宗教や宗派にこだわらず誰でも利用ができる、家族間に異宗教・異宗派があっても一緒に埋葬ができるなど、自由で大らかな点がメリットになっています。

一方、植生の管理費をはじめ美観や景観の維持費などにより、一般の墓地に比べて費用が高くなる傾向にあります。また、メンテナンスや植栽を自分で行うルールを設けているところもありますので、このような場合は手間と時間を要しますが、ガーデニングが好きな人や知識のある人は、故人を偲びながら行う作業に癒されるのではないでしょうか?

いせやのお墓