身近になった医療機関

うつ病やパニック障害などの精神的な病気、または心身症は近年増加傾向にあり、それらの病名を耳にすることも多くなりましたよね。やる気が出ない、元気が無い、などの症状が2週間以上続いた場合は、心療内科などの医療機関を受診することが勧められていて、心療内科の存在も身近なものとなりました。ですが、いざ自分が受診を決意しても、どこの病院を選べば良いか分からない方も多いですよね。インターネットの検索機能を使って各医療機関の口コミをチェックすることはできても、それらは個人の意見ですので必ずしも自分に当てはまる訳ではなく、あくまでも参考に留まってしまいます。

では、どのようにして心療内科を選べば良いのか、そして心療内科とはそもそもどんな医療機関なのでしょうか?

心療内科か精神科か、症状を確認しよう

心療内科とは、ストレスなどが原因で体に様々な症状が現れる時に受診する医療機関です。頭痛や動悸、胃腸の調子が悪くなるなど、個人によって症状は異なりますが、内科を受診しても異常が見当たらない場合は心療内科へ、と考えると良いでしょう。なお、精神科は抑うつや不眠、不安などの精神的な症状が現れた時に受診する医療機関で、病名で言えばパニック障害は心療内科、うつ病は精神科を受診する、ということになります。

そして、心療内科の選び方ですが、まずは自分が通いやすい場所に立地している病院であること、自分が通える時間や曜日に診療を行っている病院を探します。それから薬物療法だけではなく、カウンセリングをきちんと行ってくれるかどうかの確認をし、医療制度の説明などもしてくれる病院を選ぶことをお勧めします。

品川の心療内科を探しているなら、駅からすぐと立地の良いクリニックがあります。また、品川には30件以上の心療内科があります。